手続き簡単キャッシング

手続き簡単キャッシング

カードローンでキャッシングを利用する人の客観的な実態調査などは詳しく行われたことがありませんから、キャッシングの細かな状況はなかなか掴めません。

 

しかし、カードローンのキャッシング上限額は大手銀行で500万円〜800万円程度・大手信販会社で500万円〜1,000万円程度・大手消費者金融会社で300万円〜500万円程度です。従って、これらのカードローン業者で一度に500万円以上のキャッシングをする人は非常に稀です。

 

 

また、500万円以上のキャッシングの審査に簡単にパスする人もそれほど多くはありません。逆に言えば、殆どの人の1回のキャッシング額は50万円〜100万円というところなのです。

 

しかし、キャッシングを行う殆どの人は、お金を急いで手にしたいと思っていることは共通しています。例えば、お金は1週間以内に銀行口座に振り込まれれば良いと悠長に考えている様な人は、最初からカードローンのキャッシングを利用しようとは思わないのです。

 

つまり、典型的なキャッシング利用者の実態は、キャッシュの必要額は50万円前後でお金を非常にを急いでいる人ということになります。

 

そして、50万円を年利20%で1年借りた場合の利息額は10万円で、1ヵ月借りた場合の利息額は8,333円です。つまり、この場合のキャッシング利用者が、カードローン金利の2%や3%の違いに拘るでしょうか?

 

恐らくカードローン金利の2%や3%の違いに拘る利用者は少数派でしょう。従って、大部分のキャッシング利用者の最も重要な関心事は、キャッシングの手続が手軽で簡単でスピーディーに行えることなのです。

 

その意味で、50万円程度のキャッシングで最も手軽でスピーディーな業者は、大手消費者金融会社とネット銀行と言えます。