キャッシング必要書類

キャッシングに必要な書類

キャッシングの審査を迅速に行うために最低、キャッシングに必要な書類を前もって用意するといいでしょう。

 

まず、キャッシング申込み、審査に必要な書類として業者から求められる書類は本人確認出来る書類。

 

例えば、運転免許証です。もし運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポート、外国籍の方は、在留カード、特別永住者証明書を用意すればOKです。

 

@ここポイントです!

運転免許証などの書類に記載されてある住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合は、現在住んでいる住所が記載されている、公共料金の領収書・請求書、社会保険料の領収書・請求書、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書、納税証明書でも大丈夫です。

 

また、借入れ50万円以上または、現在の借入額が100万円を超えている方は、こちらの源泉徴収票(最新版)、確定申告書(最新版)、 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)を用意してください。

 

 

Aここポイントです!

もし、いま借入れを考えている方、最近引っ越してきたばかりで住所変更もしていないという方は、公共料金、納税証明書、社会保険料の領収書や請求書などが必要になってきます。

 

 

キャッシングするにあたって、借入れ金額が50万円以下で特に希望がなければ、運転免許証・健康保険証のどちらかで済んでしまう話です。それであれば皆さん財布の中や、カード入れに入れてあり、常に持っているものですよね。

 

ダラダラと書きましたが、深く考える必要はありませんし、ココがキャッシングの良さでもあるわけです!