キャッシングできない3ヶ条

キャッシングできない3ヶ条

急にお金が必要になった時にとても役に立つのがキャッシングですが、いざ利用しようと思ってもキャッシングできない場合があります。

 

キャッシングをするには、貸し付けを行っている貸付業者(消費者金融、クレジット会社)の審査に通らなければなりませんから、業者から審査でNGと判断されれば、キャッシングができないということになります。

 

審査でNGになるには大きく分けて3つの要因がありますので、それぞれについて説明していきましょう。

 

1.年収や職業などの属性にマイナス要素が多い

 

貸付業者の審査基準・方法は会社によって異なりますが、年収、職業、勤続年数は大きな判断要素だと言われています。

 

年収が少ない場合、自営業やフリーターなど収入が不安定な場合、勤続年数が短い場合などは審査する際にはマイナスだと判断され、属性にマイナス要素が多ければ多いほど審査でNGとなりやすいのです。

 

2.すでに借り過ぎている

 

すでにいくつかの消費者金融やクレジット会社でキャッシングをしている場合、審査でNGとなり借りられないことがありますが、これは総量規制というものがあるためです。

 

総量規制は貸金業法という法律により定められた規制で、貸金業者は個人に貸し付けをする場合、個人の年収の1/3までしか貸し付けてはならないと定められています。

 

例えば、年収300万円でA社で60万円とB社で40万円借りている個人の場合、貸金業法の枠限界まで借りていることになり、C社に借入の申し込みをしたとしても、C社は信用情報機関を通してA社・B社の貸付情報を照会し審査でNGとされるでしょう。

 

ここで登場する信用情報機関とは、個人の貸金業者からの借入れ情報・返済情報を管理している会社で、各貸金業者は審査時にこれら個人の信用情報を照会できる仕組みになっています。

 

3.過去に事故を起こしている

 

信用情報に傷がつくような事故を起こしている場合には審査でNGになることが多いです。

 

事故とは、返済を滞納した場合、債務整理をした場合がこれにあたり、事故の情報は信用情報機関に記録として残ります。

 

各貸金業者の審査時には事故の記録が照会されるため、記録があった場合には審査で大きなマイナス要素になり、NGとなりやすいでしょう。返済の滞納程度であれば審査に通ることもありますが、債務整理をした記録が残っている場合にはほぼ審査は通らないと言われています。